その他借入があっても住宅ローンは組めますが、事前準備が必要です。

その他借入があっても住宅ローンは組めますが、事前準備が必要です。
借入額の把握 住宅ローンを組む際に、既に他の借り入れがあっても問題ありませんが、まずは事前に準備が必要です。
最初に、自分が抱えている借金について詳しく整理する必要があります。
具体的には、借入元や借入残高、自分が返済しているペース、金利の情報、そして滞納の有無などを把握しましょう。
これらの情報を一つひとつリストアップし、Excelや紙に整理しましょう。
特に、複数の借金を抱えていたり、長期間にわたって返済を行っている場合は、自分の債務状況を正確に把握していないことが多いため、整理する必要があります。
整理ができたら、返済可能な借金があるかどうかをチェックしましょう。
たとえば、「貯金で一括返済すれば完済できそうだ」といったことがわかった場合、実際に完済できれば、借金が減って住宅ローンの審査に通る可能性も高くなります。
参考ページ:借り入れがあっても住宅ローンは組めるの?事前にするべきこと!
その他借入を含めた住宅ローンの返済比率を計算
住宅ローンを考える上で、返済比率は非常に重要な要素です。
返済比率とは、年収に対して年間の返済額が占める割合のことを指します。
例えば、年収500万円で年間50万円の返済が必要な場合、返済比率は10%となります。
審査では、一般的に返済比率が30%以下であることが求められます。
そのため、自分の年収と将来の返済額を考慮し、返済比率を計算する必要があります。
その際には、その他借入も含めた返済額を算出しましょう。
具体的には、住宅ローンの返済額に加え、クレジットカードのリボ払いや消費者金融の返済など、他の借金の返済額も合算する必要があります。
これにより、自分の返済比率が基準を超えていないかを確認することができます。
返済比率が基準を超えている場合は、借金の総額を減らすか、返済期間を延ばすことを検討しましょう。

Scroll to Top