名古屋市名東区不動産売却

名古屋市名東区の特徴と不動産売却に関する情報
名古屋市名東区は、名古屋市の東部に位置しています。
この区の面積は19.45平方キロメートルで、名古屋市内の16区の中で6番目に広い区です。
名東区はもともと千種区の一部でしたが、1975年に分区され、名古屋市内で比較的新しい区となりました。
この記事では、名古屋市名東区において不動産を売却する際の情報をご紹介します。
不動産とは土地や空き家、中古住宅、中古マンション、農地や工場跡地など、さまざまなものを指します。
名東区における不動産売買に関するデータや相場についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
名古屋市名東区の特徴
まずは、名古屋市名東区の特徴について見ていきましょう。
不動産を売却する際には、その土地の特徴や歴史、魅力を知ることが重要です。
購入希望者は家や土地を購入しますが、実際に購入するものは将来の生活です。
不動産を購入した後の生活をイメージしやすくするためにも、様々な情報を収集しておきましょう。
参考ページ:名古屋市名東区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名東区の人口
名古屋市名東区の人口は、2023年10月1日時点で162,307人で、世帯数は77,325世帯です。
名東区は名古屋市内の16区の中で6番目に人口が多い区です。
1990年には152,519人、2000年には153,103人、2010年には161,012人と、わずかながら増加しています。
2017年には166,131人と最も多くなりましたが、現在は新型コロナウイルスの影響などもあり、人口は減少傾向にあります。
ただし、人口減少が不動産売買に大きな影響を与えるほどではありませんので、まだまだ買い手は見つかるでしょう。

Scroll to Top