名古屋市港区の不動産売却

名古屋市港区の特徴と不動産売却について
名古屋市港区は、名古屋市内で最も広い面積を持つ地域です。
この区域は海に隣接し、名古屋港があり、中部地方の工業の中心地として栄えています。
ただし、工業地帯に限らず、名古屋港水族館やレゴランド、ららぽーと名古屋みなとアクルスなど、楽しめる観光スポットも存在します。
名古屋市港区の不動産にはさまざまなタイプがあります。
土地(空き地や未開発の土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場やその跡地などがあります。
これら特徴的な要素を持つ名古屋市港区において、不動産を売却しようと考えている方に向けて、不動産売却の始め方や相場についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
名古屋市港区の特徴について詳しく見ていきましょう。
まず、人口についてです。
2023年10月1日時点では、名古屋市港区の人口は140,922人で、世帯数は65,101世帯です。
1990年には148,185人、2000年には151,614人、2010年には149,215人という人口の推移があります。
一時期は15万人以上を超えていましたが、最近は人口が減少している傾向が見られます。
しかし、将来的にはリニア中央新幹線が開業することにより、名古屋市への移住者も増える可能性が高いです。
家賃も東京よりも手ごろで、東京へのアクセスも便利なため、住む場所として選ばれることが予想されます。
現在は多くの企業がテレワークを導入しており、名古屋を拠点にして全国で働くという方法も考えられます。
そのため、人口は減少傾向にありますが、今後も名古屋市の需要は高まっていくでしょう。
*参考:令和5年10月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 -推計人口 また、港区には多くの歴史的な特徴や史跡が存在します。
港区の公式ウェブサイトでは、そうした史跡めぐりや歴史を感じることができる散歩コースをいくつか紹介しています。
これらの地域の特徴的な要素も、不動産の売却において魅力的な要素となるかもしれません。
参考ページ:名古屋市港区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋港と築地周辺史跡めぐり
:歴史を感じるための11個のスポットを名古屋港駅から光賢寺まで歩くコース このコースでは、名古屋港駅をスタートとして、11個のスポットをめぐることができます。
歩くことで、歴史を感じることができるコースです。
コースの最初のスポットから最後のスポットまで、名古屋港周辺の魅力的な史跡を見ることができます。
このコースを歩くことで、名古屋の歴史をより深く知ることができるでしょう。

Scroll to Top